top of page

いげたやの漬物

 

漬物は、野菜を貯蔵する意味から雪深い地方の保存食として発達したといわれております。


 大石田は、県内有数の豪雪地帯として知られ、昔から家々の秘伝の漬物があり、それらを持ち寄って自慢する風習があります。

それらの伝統的な自慢の漬物を、いげたやでは多くの皆様に味わっていただこうと、一品一品素材を活かした漬け方で、商品づくりに励んでおります。


 食文化の担い手のひとりとして、次の世代へと山形・日本の伝統食を繋いでいきたいと思っております。


私達は以下の3つの事を基本として、食品づくりに励みます。


① 老舗ならではのこだわりの技法で製造


② 野菜や果実を美味しく食べるための発酵過程を経ることで、風味豊かで栄養的にも優れた食品として加工技術の伝道


③ 漬物の原料を通じて地域農業に密接に結びつき、季節感豊かな食文化として地域とともに深く密着していく


 山形・大石田の風土と文化、伝統を織り込んだ当店のお漬物を是非ご賞味ください。




Kommentare


bottom of page